小児期発達障害、神経疾患の専門病院 瀬川記念小児神経学クリニック

お問い合わせ03-3294-0371(代表)

ご予約専用03-3294-0371(代表)

ご予約受付時間 平日13:00〜17:00

視覚認知検査

視覚認知検査

学校で板書が出来ない、書字に時間がかかる、読み飛ばしてしまう、手の使い方が不器用等、目と手の協調運動が難しい場合に、目の使い方に問題がある場合があります。特別な視覚認知の検査を組み合わせ、本人の視覚的な認知の特徴を評価する検査です。この検査を行うことにより、どのように教えた方がよいか、どのように勉強をした方がよいか、等、指導の仕方を工夫することが出来ます。

担当は、日本では少ない、視覚認知検査・指導を専門されている本多和子先生です。検査を行った後に、本人に合ったリハビリテーションも指導して頂きます。
1回目は評価を行い、2回目はその結果・リハビリの指導を頂きます。

担当:本多 和子 先生

——–本多和子先生の著書・HPを紹介——–

著書
見ることは理解すること 山洋社 2003
発達障害のある子どもの視覚認知トレーニング 学研 2012
  
HP
子どもの視覚認知の話 http://www.shikaku-ninchi.net